【イスタナロゼ】山梨・甲斐市の総合エステティックサロン

フェイシャル

ニキビ

思春期の悩みのイメージがあるニキビ、しかし最近は大人のニキビも増えてきました。
ニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。
たかがニキビと思って放っておいてしまうと痕が残ってしまうこともあります。ニキビには適切なケア、治療が必要不可欠
ニキビ痕が残って後悔しないためにも、ニキビの種類やできるメカニズムを知っておきましょう。

それではニキビの出来るメカニズムをチェックしてみましょう。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル ニキビ

■毛穴のつまりと皮脂分泌がニキビの原因?

思春期にできるニキビも大人になってからできるニキビも、毛穴の入口が何らかの理由で詰まってしまう事が原因となります。

 

■毛穴が詰まってしまう原因は?

新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で肌の表面が硬くなってしまい、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まってしまいます。
またタオルなどで顔を強く擦るなどの過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

 

■皮脂分泌が盛んになる原因は?

ニキビは、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などに現れやすいです。
それらの箇所の皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。
皮脂の分泌が活発になる原因は下記のようなものがあります。

成長ホルモンの影響

思春期になると成長ホルモンの分泌が増加します。
特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。

ストレス=男性ホルモンの影響

思春期になると、男性に多く分泌されるのが男性ホルモンですが、女性にも少なからず分泌されています。
また男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。大人になってからはストレスなどにより女性にも男性ホルモンの分泌が高まってしまい、女性のニキビの大きな原因となってしまいます。よく、大人は顎回りなど、男性のヒゲが生えるところにニキビができるのはこのためだったんですね。

黄体ホルモンの影響

黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用がありますが、生理前は、この黄体ホルモンの分泌によって、ニキビができやすくなり、すでにできてしまったニキビも悪化しやすくなります

 

■ニキビへのアプローチ

ニキビの原因は毛穴の詰まり、過剰な皮脂分泌が原因。そして、長引くニキビ跡や色素沈着の原因は炎症にあるということです。
イスタナロゼではターンオーバーの正常化に導くお化粧品で毛穴詰まりと皮脂分泌のコントロールを行います。
合わせてプラズマシャインで炎症を鎮静させ、炎症の長引きを防ぐことでクリアな素肌へ導きます。

 

おすすめの施術

 

おすすめのお化粧品

毛穴

つるんとした陶器みたいなお肌は美肌の代名詞。

それなのに、毛穴がめだつ、鼻がイチゴみたい・・・毛穴なんてなければいいのに!
ファンデーションで埋め込んじゃおう!
でもそんなプローチは実はより一層毛穴を目立たせてしまうことをご存知でしたか?
毛穴は本来老廃物を排出し、皮脂を分泌し乾燥を防ぎ、雑菌の繁殖を防いでいます。
そんな毛穴が開いてしまうのは皮脂の過剰分泌、お肌のたるみ、ニキビ跡によるダメージなどがあげられます。

開いてしまった毛穴をきゅっと閉じるために必要なのは、しっかりと汚れを取り除き、しっかりと保水保湿を行い、コラーゲンの低下による皮膚のへたりを改善すること。
埋め込んでごまかすことはどんどん毛穴を広げていくことにつながります。

もちろん規則正しい生活、健康的な食生活があってこそのなめらかな美肌ですが、イスタナロゼではお肌の真皮層の厚みを復活させ、しっかりふっくらとしたお肌に導くホームケアや、コラーゲンとエラスチンの生成に効果的な最先端のマシンを導入し協力にあなたの綺麗をサポートします!

 

おすすめの施術

おすすめのお化粧品

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル 小顔

しみ・そばかす

シミ・そばかすの種類やメカニズム

一口に『シミ』『そばかす』といっても、いくつか種類があり、それぞれ原因も異なります。
シミの原因であるメラニンやシミ・そばかすの種類についてみてみましょう。

 

メラニンとは

・メラニンの役割

細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAを破壊、変異して、細胞が死んだり皮膚癌を引き起こしたりします。
それを防ぐために、表皮の最下層にある基底層のメラノサイトが、メラニン色素を産生し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、傘のような役割をして真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。

・しみ・そばかすになるメカニズム

メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。
チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素によって次々と反応・変化してメラニンへと変化していきます。
本来、産生されたメラニンは通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されます。
紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、色素細胞に『メラニンを作りなさい』という指令が出続け、メラニンが過剰に作り出されます。
またホルモンも直接色素細胞にメラニンを多く作らせます。
そうやって過剰に作り出されてしまったメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうのです。
また、ターンオーバーの乱れも排出出来ない理由の1つ。
加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因によることもあります。

 

シミの種類

シミの種類と原因を見てみましょう。
シミといっても、いくつか種類があり、原因はもとより、それぞれの形状、出る場所、治療法も異なります。

・老人性色素斑

シミの中でもっとも多いのは、紫外線が原因のシミ。
頰骨の高いところやコメカミにできやすく、数㎜~数10㎜ほどの大きさの平坦で丸い色素斑であることが多いです。

・肝斑

頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。
30~40代の女性の方によく見られ、閉経とともに消えるので、女性ホルモンが関係していると言われています。
また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。

・雀卵斑(ソバカス)

細かい斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカス。
遺伝的なもので、小学生の頃から出るのが普通です。
米粒大までの不規則な形で、色は淡褐色。
成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります

・遅発性両側性太田母斑

額や目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色、青色のあざで、特に日本人に多いと言われています。
生後まもなく出現するものもあれば、20歳過ぎてからできるものもあります。

・脂漏性角化症

イボ状に盛り上がった状態のシミ。
シミの角化が進み、隆起したもので、手の甲に出るケースも多いです。

上記の他にも、炎症性色素沈着、摩擦黒皮症、花弁状色素斑などがありますが、それぞれ原因も治療法も異なります。
素人判断による自己流のケアを続けることでかえって悪化させてしまうこともあります。

 

イスタナロゼではターンオーバーを正常化するお化粧品やマシンで、しみやそばかすの原因であるできてしまったメラニンを排出するお手伝いを行います。
サロンでのマシンケアと結果重視型コスメラインの併用で綺麗をプロデュースします。

おすすめの施術:

おすすめのお化粧品:

小顔


『いつもよりも顔が大きい』
『目が小さい』
と感じたら、顔がむくんでいるということです。
このとき、体の内側では一体なにが起こっているのでしょうか。
また、何が原因でむくんでしまうのでしょうか。
むくみの原因や症状について解説します。

顔がむくんでいる状態とは?

顔がむくんでいるということは、通常時よりも余分な水分が肌の内側にとどまっている状態です。
不要なものを流してくれる血液循環やリンパの流れが悪くなっていると、不要なものが滞ってしまい、腫れぼったくなってしまうのです。
汗をかきやすい夏は、余分な水分がでていきやすいイメージですが、実はその逆なんです。
というのも、湿気がたっぷりと外気にあるため、肌から水分が蒸発しにくい状態にあります。
そのため、余分な水分が体に滞りやすくなってしまいます。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル

顔がむくんでしまう原因

不要なものがスムーズに流れていけば、本来むくむことはありません。
何かの影響で余分な水分が流れていかないため、むくんでしまうのですが、この原因は前日に摂取したアルコールによるものがほとんどです。
アルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が高くなって血管が広がります。
これをホースに例えて説明しましょう。
円のホースが大きなものと小さなものでは、円の小さなホースの方が水の勢いが増します。
これと同じで、血管が広がりすぎると、中を通る血管の流れがゆっくりになります。
血の流れが緩やかになると、本来であればすぐに運び出してくれるはずの水分が滞って、結果的にむくんでしまうのです。

 

顔のむくみは朝多く、昼頃には落ち着く

顔がむくんでいるのは朝が多いはずです。
むくみの原因は水分ですから、起きている状態なら重力で水分が下に下がるので、夜は比較的顔のむくみは抑えられます。
朝に顔がむくんでしまうのは、寝ている状態は胴体部分も脚も腕も顔もほぼ同じ高さにあるため、顔にも余分な水分がいきわたってしまうからです。
前日に大量のアルコールを摂取しない限り、顔のむくみは昼頃には落ち着いていることがほとんどです。
その代わり、夕方にかけて重力で下がっていった水分が脚にたまってしまいます。アルコールを摂取した翌日は、朝は顔、昼以降は足がむくまないように対策を取るとよいでしょう。

 

では小顔になるためにはどうすればいいのか

イスタナロゼではリンパの流れと血流をアップさせることで、余分な水分をため込まないシャープな小顔を目指します。
また、気になるお顔の脂肪をシェイプするサーモシェイプで理想のフェイスラインを彫りだします。

 

おすすめの施術

くすみ


お肌が荒れてるわけでも、シミやしわが目立つわけでもないのに、なんかぱっとしないし老けて見える。その原因はくすみではありませんか?

しわやしみなどピンポンとで目に付くお悩みではないのでつい見落としがちですが、くすみは不健康そうにみえたり、メイクの色が沈んで見えてしまうので老け見えの大きな一因。赤ちゃんのようにみずみずしく透明感のお肌に誰しもが憧れますよね。

くすみの原因はお肌のターンオーバがスムーズに行われないことによって古い角質が蓄積されることや、血行不良、ムダ毛などが考えられます。

血行不良は定期的なマニュアルマッサージが即効性があありますし、ムダ毛は脱毛によって改善することができます。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル クマ

ターンオーバの乱れは乾燥やホルモンバランスの乱れが考えられますし、過剰なメラニン生成は日焼けや古いお化粧品の使用、メイクや汚れの洗い残しなど複数の要因が重なって起こります。

イスタナロゼではあなたのくすみの原因を一緒に追求すると同時に、ターンオーバを正常化するヘームケアや、お手頃プライスで始められるマニュアルマッサージ。早くてコスパのいい脱毛機。そして光美容。高周波、エンダモロジーなど最先端のマシンを取り揃えています。結果重視型サロンでコスパよくくすみとさよならしましょう!

おすすめのお化粧品:

おすすめメニュー

乾燥

なぜ乾燥肌になってしまうのか?

本来、お肌の角質層には、水分を保持したり、アレルゲンや紫外線からお肌を守る機能が備わっています。
そのため、【正しいスキンケア】をして角質層が健全であれば、それほど乾燥に悩まされることはないはずなのです。
それではなぜ、乾燥肌の人は保湿能力が低下したのでしょうか?

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル 解消

お肌の水分を保持する三大要素

乾燥肌の原因をご説明する前に、まずはお肌が水分を保持する三大要素を再確認しましょう。

①皮脂膜

・保湿貢献度:約2%
・成分/生成方法:毛穴から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗がまざってできた”天然”のクリーム
・役割:角質がはがれるのを防いだり、お肌の水分が蒸発するのを防ぎます。
【お肌の滑らかさを保つ】のも皮脂の役割です。
皮脂はお肌を正常に保つのに大変重要な役割を果たしていますが、お肌の水分保持に対する貢献度は【約2%程度】と低く、98%は角質層の細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)が担っています。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル ターンオーバーの乱れ

②NMF(天然保湿因子)

・保湿貢献度:約18%程度
・成分:アミノ酸、PCA(ピロリドンカルボン酸)、ミネラル、尿素などによって構成されています。
・生成方法:角質層の下にある顆粒層の細胞内のタンパク質が角質層に押し上げられていく過程でNMFへと変化して生成されます。
・役割:水分を吸着して角質層に保持し、お肌の柔軟性と弾力性を保ちます。
お肌の水分保持力の約18%を担うのがNMF(天然保湿因子)
NMF(細胞間脂質)のバランスが崩れると、乾燥するだけではなく、角質層の下の顆粒層が健康に育たず、【ターンオーバーそのものに影響】を与えてしまうといわれています。

③細胞間脂質(セラミドなど)

・保湿貢献度:約80%
・成分/生成方法:胞間脂質の約40%を占めるセラミドをはじめ、遊離脂肪酸、コレステロールなどからできています。
・生成方法:生きている角質細胞は、細胞内にセラミドが存在しますが、ターンオーバーで細胞が押し上げられて肌の最も表面にある角質層に到達した時に、【細胞は核がなくなり】死んでしまいます。
その時に細胞内のセラミドが角質層内の細胞間脂質に放出され、セラミドが細胞間に存在するようになります。
・役割:角質細胞同士の隙間を埋め、外部からの刺激の侵入や、体内の水分の過剰な蒸散を防ぎます。
保湿要素の約80%を占める細胞間脂質は、お肌の水分を保持する点で【最も重要な要素】となります。

お肌には保湿能力があるのに、なぜ乾燥肌になる?

上述のよう細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)皮脂膜の働きを低下させる主な原因は以下の通りです。

①間違ったスキンケア

私たちは多くの化粧品と美容情報に囲まれ、日々せっせとスキンケアをしています。
しかし、そのスキンケアが間違っていると、自ら【お肌の保湿能力を弱め】、乾燥肌に陥ってしまっています。
皮膚科を受診する人のほとんどは、皮膚疾患などが原因ではなく、スキンケアが間違っていることによって乾燥肌になっているそうです。
『乾燥肌の原因①間違ったスキンケア』では、乾燥肌を発生させる間違ったスキンケアについて詳しく解説しています。

②食事・食生活

近年は、極端なダイエットや偏食、ファストフードの多用、欧米型食生活の浸透などにより、10代でもお肌の乾燥に悩む人が増えています。
『乾燥肌の原因②食事・食生活』では、どのような食事や食生活が乾燥肌の原因になるのかについて解説しています。

③生活習慣

睡眠不足、エアコン、ストレス、入浴など、私たちの日常生活には、角質層の【保湿機能を低下させる要因】がたくさん潜んでいます。
『乾燥肌の原因③生活習慣』では、乾燥肌の原因となる生活習慣や日常生活について、詳しく解説しています。

④エイジング

更年期に差し掛かると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が大幅に低下します。
エストロゲンは皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがそなわっているため、エストロゲンの減少によってターンオーバーの乱れた肌はこれまでのしみ、しわ、たるみに合わせてお肌の乾燥や肌荒れを引き起こします。
乾燥し、コラーゲンによる弾力性を失ったお肌は【バリア効果】が低下。
乾燥や、乾燥からくるかぶれや過敏反応などのトラブルも起こりやすくなります。

乾燥肌へのアプローチ

正常なターンオーバーを取り戻すことで、お肌は【健康な状態を取り戻し】、世良美都や皮脂のバランスが整います。
すると乾燥や、敏感肌の改善がみられます。
同時に【コラーゲンやエラスチンの生成】も期待されますので、若々しい弾力のある、ふっくら、しっとりとしたお肌を取り戻すことができます。

イスタナロゼではターンオーバーを正常化させるエンビロンなどをとりいれ、表面上の保湿だけではなく根本からの感想改善をご提案します。

 

 

おすすめのお化粧品:

エンビロン

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル しわの原因

しわ・たるみ

肌のハリが失われる原因

肌は、上から『表皮』『真皮』『皮下組織』という3層構造になっており、上から2番目にある真皮は、肌を内側から支える土台になる部分。
その真皮には、丈夫で太い『コラーゲン線維』が網目状に張り巡らされています。
コラーゲン線維が交差する部分は、弾力のある『エラスチン線維』がしっかりとつなぎ止めることで、表皮を下から支え上げ、肌のハリや弾力を維持しています。
そして、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋め尽くすヒアルロン酸は、肌のうるおいを保つ役割を担っています。
この3つの成分は、真皮に存在する『線維芽細胞』によって生み出されますが、線維芽細胞の力が衰えると、コラーゲンなどが変性したり、減少したりして、ハリや弾力の低下へとつながってしまいます。
このため、これらの線維の量が減ったり、変性したりすると、ハリや弾力が低下し、重力によって皮膚が垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

加齢以外に紫外線や乾燥などの影響もハリ低下の原因に

コラーゲンやエラスチンの質を低下させたり、減少させたりする要因には、次のものがあります。

・加齢

コラーゲンやエラスチンは、真皮にある『線維芽細胞』によって生み出されますが、年齢を重ねると、線維芽細胞の数や働きが衰えてしまいます。

・紫外線

紫外線は、表皮を透過して真皮にまで届き、コラーゲンを傷つけたり、エラスチンを変性させる酵素の分泌を促したりします。

・乾燥

表皮の一番上には、外的刺激が肌内部に侵入するのを防ぐバリアとして機能する『角質層』があります。
肌が乾燥すると、この角質層のバリア機能が低下するため、紫外線のダメージを強く受けるようになってしまいます。

・活性酸素

体内に発生する『活性酸素』は、コラーゲンやエラスチンを変性させる酵素の分泌を促したり、線維芽細胞を弱らせて、コラーゲンやエラスチンの産生力を低下させたりします

・女性のホルモンの減少

女性ホルモンの『エストロゲン』には、コラーゲンやエラスチンの生成を促す作用があるため、加齢とともにその分泌量が減ると、肌のハリも低下してしまいます。

・生活習慣の乱れ

偏った食生活による栄養不足、睡眠不足などが続くと、肌が生まれ変わるサイクルを維持できず、ハリの低下を招いてしまいます。

・喫煙

喫煙をすると、活性酸素が大量に発生するだけでなく、コラーゲンの合成に欠かせないビタミンCが破壊されてしまいます。

お肌の張りが失われるとしわやたるみが発生します。
しわの種類について細かくみていきましょう。

しわの種類

・乾燥によるしわ

目や口の周りに細かく小さなしわができているのなら、それは乾燥ジワです。
この乾燥ジワの原因は、名前のとおり乾燥です。
お肌が乾燥すると、お肌の表面がカサカサになって細かい、ちりめんジワができます。
細かいからといって油断していると、しわが集まって大きな太いしわになってしまうこともあります。

・表情ジワ

口元を動かしたり笑ったりするとしわができる、もしくはほうれい線が目立つ場合、それは表情ジワの可能性があります。
表情ジワは、何度も同じところにしわを寄せることによって、皮膚が形状記憶したようにしわとして覚えてしまうのが原因です。表情ジワの中でも、ほうれい線は一番できやすいしわでもあります。
こういった深いしわは、真皮層の深い部分や、皮下組織にまで深く刻まれてしまっていることがあります。

・筋肉老化ジワ

普段から顔の表情が乏しく、あまり顔の筋肉を動かさないという人は、この筋肉老化ジワが原因かもしれません。
顔の筋肉を動かさないで無表情な生活を続けていると、筋肉が老化・退化してたるみやしわの元になってしまうのです。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 肌トラブル しわ ほうれい線

イスタナロゼのアプローチ

イスタナロゼではしわの原因となるエラスチンのコラーゲンの低下に働きかけるためターンオーバーを若々しい肌に近づけるお化粧品を導入しています。ターンオーバーが正常化することで乾燥もケアされるので、乾燥じわも改善されていきます。

あわせて最先端のマシンを組み合わせてあなたの気になるしわやたるみを撃退します。

 

おすすめの施術メニュー

 

おすすめのお化粧品:

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com