【イスタナロゼ】山梨・甲斐市の総合エステティックサロン

ボディメニュー

太い二の腕

ダイエットをしても二の腕はなかなか細くならないという方も多いのでは?
ここでは、二の腕が太くなる原因、一度太くなったら痩せにくい原因について解説します。

今年の夏はノースリーブを爽やかに着こなしたい!

そう思って二の腕を見ると、ふりそで肉がたっぷり…なんてことはありませんか?
また、本格的に夏を迎える前に慌ててダイエットしたけどなかなか細くならず、結局断念…という経験をした方も少なくないはず。

では、二の腕なぜ太くなり、なぜ痩せにくいのでしょうか?その原因について解説します。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み 二の腕が太い

二の腕が太くなる3つの原因

二の腕が太くなる原因には、主に以下の3つをあげられます。

  • 皮膚のたるみ
  • 脂肪の蓄積
  • セルライトの蓄積

皮膚のたるみ

二の腕は2つの筋肉で構成されているのですが、内側を上腕二頭筋、外側を上腕三頭筋と言います。
重い物を持ったり、運んだり、引っ張る時に使う筋肉は、上腕二頭筋です。
いわゆる『力こぶ』と呼ばれるもので、普段の生活で使われるのは、ほとんどがこの筋肉です。
対して、外側の上腕三頭筋は、腕を伸ばす、押す、高いところの物をとる時に使われる筋肉で、普段の生活ではあまり使われません。
上腕三頭筋はなかなか使われないため、鍛えられないことから脂肪が溜まりやすく、これが、腕のたるみの原因となります。
ヒジを曲げた状態で二の腕の外側をつまんだ時、皮膚が伸びてしまう方は、かなりたるんでいる証拠です。

脂肪の蓄積

体全体の脂肪が多くても、二の腕は太くなります。二の腕は体のなかでも脂肪がつきやすく、さらに一度脂肪がつくとなかなか取れにくい部位でもあります。消費カロリー以上のカロリーを摂取していると、余分な脂肪を皮下脂肪として体に溜めこんでしまい、体はもちろん腕もどんどん太くなります。

セルライトの蓄積

上腕三頭筋は普段あまり使われることがないため、脂肪がつきやすくたるみやすいのはもちろん、老廃物を運ぶリンパ液の流れも悪くなりやすい部位です。、リンパ液の流れが滞ると、老廃物も排出されずに溜まってしまい、これが脂肪とくっついてセルライトを生成してしまいます。セルライトは、老廃物を溜めこむとどんどん肥大化して塊になり、ひどくなるとパッと見てもわかるくらいに肌が凸凹になってしまいます。

上記三つに共通するのは運動不足と、代謝の低下です。

とはいえ、日々の生活の中で高いところのものをたくさん撮る動作はなかなかできません。
イスタナロゼでは滞ったリンパと、できてしまったセルライトをエンダモロジーでもみほぐし、脂肪はサーモシェイプ溶解。仕上げにEMSで電気刺激を送り寝たままで引き締め。理論的なアプローチで効果的に二の腕をほっそりさせます。

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

ハリのないバスト

年齢と共にバストが徐々に垂れてしまうのは、仕方がないと諦めていませんか?

バストが垂れてしまうのは加齢のせいだけではなく、生活習慣などいくつかの原因が重なり合って起きます。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み バストのはり

1)クーパー靭帯が伸びる

クーパー靭帯は、乳房内に網の目のように張り巡らされている組織です。
大胸筋と乳腺や脂肪を繋ぎ、バストの形を作る役割を果たしています。
クーパー靭帯は、ある程度までは強く伸びても元に戻ることができますが、激しい運動を頻繁に行うなどの強い刺激を受け続けると、切れてしまったり伸びたまま戻らなくなったりしてバストの下垂に繋がります。

(2)ホルモンバランスの変化

乳腺を発達させ、バストのハリを保つのはエストロゲンという女性ホルモンの役割です
加齢や乱れた生活によりホルモンバランスが変化すると、エストロゲンの分泌が少なくなり、下垂の原因となります。

(3)バストサイズの急激な変化

バストサイズの急激な変化を経験すると、クーパー靭帯とバストの皮膚が伸びてしまいます。
出産を経験した多くの女性が、産後しばらく経つとバストが垂れたと感じるのはこのためです。
また体重の急激な増減に伴うバストサイズの変化も、下垂の原因となります。

(4)姿勢の悪さ

猫背は肩こりの原因となりますが、実は肩こりだけでなくバストが垂れる原因にもなります。
日頃から背中が丸まった姿勢をとっていると、大胸筋などの胸付近の血流が滞り悪くなっていきます。
その結果、バストは冷えて栄養が行き届かなくなり、ハリを失って下垂を招いてしまいます。

(5)下着のつけ方が誤っている

外出前に下着をつけ1日中位置を直さず過ごしていると、下着とバストの位置がどんどんずれていきます。
ずれた下着の締め付けにより、バストが潰れ、大切なバストの皮膚や組織を傷めてしまうことも。
またバストサイズに合っていない下着、サポート力の低い下着の常用もバストのお肉が他の部位に流れていってしまうため、下垂に繋がります。

バストの下垂を食い止める対処法

(1)クーパー靭帯が伸びないようにする

ランニングなど胸が上下に動くような激しい運動をする際には、スポーツタイプの下着をつけて胸が動かないようにするなど、クーパー靭帯に強い刺激を加えず伸び切らないようにする対策をとりましょう。

(2)大胸筋を鍛えるエクササイズをする

バスト全体を支える大胸筋を鍛えることにより、バストの下垂予防が期待できます。
大胸筋を鍛えるエクササイズやヨガを行ってみましょう。

(3)姿勢を良くする

猫背は下垂の原因となるので背中が丸まらないよう顎を引き、背筋を伸ばして良い姿勢を保つようにしましょう。

(4)下着のつけ方を見直す

自分でも気付かないうちにバストサイズは変わっているもの。
定期的にバストサイズを測り、適切なサイズの下着を身につけるようにしましょう。
また1日に何回か、お手洗いに行った時などに下着にキレイにバストが収まるよう位置を修正すると、下垂の進行を抑えることができます。

(5)身体を温める

全身の血行が悪いとバストの血流も悪くなり、下垂に繋がります。
半身浴をしたり、冷たい食べ物を控えるなどして身体を温めましょう。

イスタナロゼでは正しい下着のつけ方の指導も行っております。
また、EMSで大胸筋を鍛え上向きバストにアプローチするとともに

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

お腹周り

女性の中年太りの原因は?

女性が中年太りしてしまう原因の一つは老化による筋肉量の低下が挙げられます。
筋肉の量が低下してしまうとカラダの基礎代謝が下がってしまい、若いころと同じだけの食事の量を取っても一日における消費カロリーが少なくなってしまうため、カラダに脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

次に中年太りの原因は体内のホルモンの変化です。
年をとってしまい、ホルモンの分泌が抑制されてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい免疫力が低下してしまったり、筋肉が増えにくくなってしまいます。
また、ホルモンの働きが弱まってしまうため、脂肪を分解しにくくなるという悪影響もあり、結果として消費するカロリーが減ってしまい『中年太り』してしまうのです。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み 中年太り

女性の中年太りを解消するには?

女性の中年太りを解消させるために一番必要なものは運動です。
ダイエットや健康な体作りのために運動は欠かせません。
そもそも年齢を重ねてしまうことで、女性は筋肉の量が減りやすく、筋肉がなかなか増えにくくなってしまいます。自分で運動を行い脂肪を燃焼させると同時に、代謝しやすい体に導きます。

太りやすい時期は?

女性が太りやすい時期として中学生から20歳ごろまでの思春期、妊娠や出産をする時期が挙げられますが、更年期を迎える頃は消費するカロリーが低下するため【もっとも太りやすい時期】と言われています。

太り方の特徴は?

女性は中年、とくに更年期を迎える頃に基礎代謝が低下してしまうため太りやすくなってしまいます。
女性ホルモンのバランスも崩れてしまうため、若いころであればヒップを中心に脂肪がついていたのですが、女性ホルモンの分泌が低下するためとくにおなかの周りに脂肪がつくようになります。
また、体重が増えてしまう原因は筋肉量の低下が挙げられますが、体脂肪が増えやすくなっているのも問題のひとつです。
そのため、カラダの全身にまんべんなく脂肪がつくことになります。

以前なら引き締まっていたカラダも、全体的に筋肉量が減ってしまっているため、皮膚にハリがなくなり、垂れ下がるようになってしまいます。
大きな筋肉である背筋や太ももの筋肉も落ちてしまうため、足が太くなってしまったり、背中にも肉がついてしまうようになってしまいます。

お腹周りには注意しましょう

女性は更年期を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌量が低下することで、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。
また、お腹のまわりの内臓部分にも脂肪がつきやすくなってしまうため、メタボリックシンドロームの原因になってしまうことも少なくありません。
女性の中年太りにはとくにお腹を注意する必要があります。
お腹の周りをすっきりとさせたいのなら、インナーマッスルをつけることが大切です。
カラダの中にあるインナーマッスルを鍛えることで、お腹の脂肪を落としやすくすることができます。

30代女性の中年太りの特徴は?

女性は30代にはいると徐々に太りやすいカラダに変わっていくと言われています。
原因としては加齢によって筋肉量が低下するため基礎代謝が低くなり、脂肪が燃焼しにくくなってしまうため、太りやすくなってしまいます。
また、外的な要因としてストレスによるホルモンバランスが乱れによって太りやすくなると言われています。
20代のころに比べると基礎代謝が低下しているため、同じ食事の量を食べていたとしても、太りやすくなってしまいます。
また、30代に入るとデスクワークが増えたり、運動量が減ってしまったり、環境の変化によってストレスが増えてしまったりと、中年太りしやすい頃とも言えます。

40代女性の中年太りの特徴は?

40代女性の中年太りの特徴は更年期を迎える時期でもあるため、体重の増加が激しい時期でもあります。
原因のひとつは老化による筋肉量の増加が挙げられます。
30代に比べると40代では新陳代謝がガクッと落ちてしまうといわれています。
また、筋肉量の低下によって皮膚もハリを失い、脂肪の固まりでもあるセルライトが定着してしまい、全身のボリュームが増す時期でもあります。
さらに40代になると女性ホルモンの分泌量も大きく減少してしまいます。
そのため、若いころはお尻につきやすかった脂肪がお腹まわりを中心につきやすくなるため、たるんだ体になりやすい時期でもあります。

防ぐ方法は?

中年太りを防ぐ方法の一つに運動があります。
しかし、効果が出るには時間がかかるため、結果が出る前に挫折してしまう人も多くいます。
イスタナロゼではエンダモロジーやインテグラルで固く燃焼しづらいセルライトを解きほぐし、代謝しやすくするのでそのままでも燃焼しやすくなるのはもちろん、ジム通いやウォーキング・ジョギングなどの日々の努力の結果を強力にサポート。ただ痩せるだけではなく、若々しい体本来の力を取り戻します。
そのほかにもサーモシェイプで気になるパーツの部分痩せなど、なりたい自分になれるよう経験豊富なスタッフがあなたをバックアップ。
お得なトライアルコースもありますので、お気軽にご相談ください。

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

くびれがない

豊満なバスト、キュッと引き締まったウエスト、ハリのあるヒップ……。

そんな女性らしい体型に憧れるけれど、鏡に映った寸胴体型の自分の姿にがっかりしていませんか?

子供っぽくてセクシーじゃない
くびれていないがゆえに服を着ても止まるべきところで止まらず変な位置にずれてきてしまう。
セクシー系の服ピタッと体にフィットする服が似合わない。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み おなかがぽっこり

くびれがないのはなぜ?

くびれは肋骨と骨盤の間の距離が狭いと生まれにくいため生まれつきの骨格が大きくかかわってきます。
しかしあわせて、姿勢の悪さや運動不足で本来あるはずのくびれを埋もれさせてしまっている場合も多くあります。

くびれを阻んでしまっている脂肪の燃焼したり、腹筋を鍛えるにはエクササイズをとりいれるのが理想的。

でも続かない。辛い。だからめんどくさい。

山梨県甲斐市にある総合エステサロン『イスタナロゼ』では複数最先端マシンでお悩みに直接アタック。
EMSマシンによる電気刺激で腹筋を鍛えたり、くびれを隠している脂肪を高周波で溶かして排出。
エンダモロジーやインテグラルで脂肪細胞をもみほぐし代謝しやすに状態を作り出します。
一人でつらいダイエットやエクササイズで行き詰らないで、効率的に理想のボディへ近づきましょう。

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

大きいお尻・垂れたお尻

引き締まったヒップラインは、健康的で若々しい印象を、逆にだらしなく垂れたお尻は老けた印象を与えてしまいます。しかし、普段から自分のお尻をしっかりチェックしないものです。
気づかない間にお尻は垂れているかも…何て不安に駆られたあなたは要チェック!

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み おしりが大きい

日常に潜むヒップが垂れるNG習慣を3つ

・膝が曲がったままで歩く

若い女性に多い歩き方で、無意識のうちにやっている人は多いかもしれません。
これは見た目もよくない上、前腿を酷使するため太腿が太くなってしまいます。
姿勢よく、膝を伸ばした状態で前にスッスッと脚を運ぶ歩き方が理想。
太ももの裏側に負荷がかかるのが実感できます。

・そもそもほとんど歩かない

便利な現代社会において、あえて『歩こう!』と思わない限り移動は車や電車、その合間にもエスカレーターやエレベーターと歩く機会はどんどん失われています。
ついつい楽してしまっている方は、意識して歩いてみてはいかがでしょうか。

・座り方が雑

長時間座った姿勢が多いという方、座り方、気にしてますか?
足を組んだり、椅子に浅く座りながら背もたれによりかかったり、あるいは深く腰掛けながら上体が前のめりになっている方は、座り方NGです。
座る時にいちいち『座り方』を意識している方るなんて人はそうそういないと思いますが、この何気ないフォームが、お尻の老化に大きく影響を与えてしまいます。
骨盤を立てて、背筋を伸ばして、脚は揃えて膝をくっつけて直角に曲げて…という正しい姿勢を念頭に置いて生活してみると、皆さんのヒップラインが変わってくるでしょう。

美ヒップになるためには?
一番効果的なのはスクワットなどをはじめとする筋トレです。合わせてウォーキングやランニングなどとにかく歩くこと。でも実際はそんな時間をとれないという人がほとんど。
また、どんなに食事制限と運動を取り入れても一度ついてしまったセルライトはなかなか落とせずアンバランスな体になってしまうことも。

イスタナロゼではついてしまったセルライトをエンダモロジーやインテグラルでもみほぐし、気になる脂肪をサーモシェイプで狙い撃ち。
面倒な筋トレはEMSにお任せください。運動や食事制限だけでは手に入れられない部分痩せとボディラインメイキングを熟練のスタッフがお手伝いします。

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

太ももが太い

太ももが太くなる原因は、脂肪や筋肉がつくことだけではありません。太ももが太くなる原因はさまざまです。原因に合わない方法で対策を続けていても、効果が現れないケースがほとんど。まずは自分の太もも太りがどこから来ているのか、その原因を把握しましょう。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み 太ももが太い

太ももが太くなる原因は主に4つ

太ももが太くなる4大原因は、
『むくみ』
『脂肪(セルライト)』
『筋肉』
『姿勢の悪さ』
といわれています。

『むくみ』

血行不良などにより、リンパの流れが悪くなると、代謝が落ちて体に水分が溜まってしまいます。このような状態を『むくみ』と呼びます。
下半身は上半身よりも心臓から遠い位置にあるため、血液を循環させるポンプの勢いが弱まり、リンパの流れが滞りやすくなります。また、重力により水分がたまってしまうことから、下半身はむくみやすくなるのです。

リンパは、老廃物を運んで体外へ排出する役割を担っています。血液中の老廃物のうち、80%~90%は静脈が担当し、残りの20%~10%までをリンパが担当します。流れる速度は非常に遅く1分間に10cm~20cmほどしか流れません。そのため、リンパの流れが悪くなると老廃物が体内に滞り、セルライトができやすくなります。

『脂肪(セルライト)』

セルライトとは、糖質・脂質のとりすぎや運動不足によって必要以上についた脂肪の周りに老廃物や水分が溜まって塊になったもの。セルライトは、一度できてしまうと、周囲の脂肪細胞とくっついてどんどん肥大化していきます。また、食事制限によるダイエットなどでは解消できない、非常にやっかいなものです。

『筋肉』と『姿勢の悪さ』

筋肉が肥大してしまうのも、太もも太りの一因となります。
筋肉は脂肪と絡み合ってしまう場合もあり、こうなると細くするのはなかなか難しいもの。筋肉による太もも太りの原因は、筋肉を酷使することにもありますが、『姿勢の悪さ』も大きく影響します。姿勢が悪いと、骨盤の開きやゆがみを引き起こします。
骨盤が開くと足の付け根が外側に開き、股関節がねじれて太ももの前面や外側に筋肉がつきやすくなるので、太ももが太くなってしまいます。また、血流も悪くなるため、代謝が落ちて脂肪もつきやすくなります。なかでも、太ももが極端に太い人は、骨盤の開きやゆがみのほか、浮き指が影響している場合があります。お尻と太ももが太くなる、いわゆる『洋ナシ太り』の方も、この影響が考えられます。浮き指とは、立っている時に足の指が地面に接地していない状態のこと。親指を上げて歩くクセがある方、親指を反らせると90度以上になる方は、浮き指の可能性があります。親指は、足の指の中でも体を支えるのにもっとも重要な役割を担っています。そのため、浮き指の状態にあると、歩く時に踏ん張る力が弱くなります。これによる不安定さを補うのが下半身の筋肉。なかでも、最も大きなお尻と太ももの筋肉が使われるため、どんどん太くなっていくのです。以上が、太ももが太くなる主な原因です。

そもそも、女性は、子宮を温めるために下腹部から太ももにかけて脂肪がつきやすい体質。よって、太ももを細い状態に保つには、できるだけ生活の中で太ももを太くする原因を作らないことが大切なのです。

太ももを細くするには、自分のタイプにあった解消法を選択することが肝心です。
むやみにダイエットやマッサージをするのではなく、まずは自分のタイプを判別することから始めましょう。

イスタナロゼではセルライトやむくみに働きかけるエンダモロジー、インテグラルで効率的にたまった老廃物の排出を促しすっきり美脚メイクします。
サーモシェイプによる脂肪溶解で気になる部分をさらにスピーディーに狙い撃ちすることも!
まずはあなたの太もも悩みの原因をすたっづが丁寧にカウンセリングし、一番効果的なトリートメントをご提案します。
お手頃なトライアルコースもありますのでお気軽にご相談ください。

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

<a name=”leg”></a>

ふくらはぎが太い

つま先が冷えるし、ふくらはぎがパンパン

一日中立ちっぱなしだったり、デスクワークで座り通しだったりすると、夕方になって『靴やヒールがキツイ..』という経験はありませんか?
指で押すとその跡がくっきりと残るほどパンパンになってしまうこともあります。
このような“むくみ”は医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状のひとつです。

なぜ、むくみが起きるのでしょう。

山梨のエステティックサロンイスタナロゼ 体のお悩み ふくらはぎが太い

むくみのメカニズム

むくみは血液の循環と深く関わっています。
心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役割を果たしています。
同時に、細胞内で不要となった水分が静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。

しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態、それがむくみです。

現代の女性はヒールを頻繁に着用し、バランスをとるために膝を曲げてあるいてしまっていたり、ブーツで足首を固定してしまったり、そもそも車屋電車移動ばかりで自分の足で歩く機会がありません。
すると、体で一番大きいとされる太ももの筋肉をはじめと留守下半身の筋肉が使われず、衰えていく一方。ポンプ機能が弱まってしまうのです。

老廃物が循環しないことで足にたまり、脂肪細胞に絡まりつきセルライトに変化すると、自力で取り除くのは至難の業。
まして、食事制限のみで行うダイエットえお繰り返すと、筋肉量が減り、どんどん悪循環へと陥ってしまいます。

イスタナロゼではエンダモロジーでふくらはぎについてしまった頑固なセルライトをもみほぐし、同時に滞ってしまったリンパの流れを改善。
EMSで筋肉運動を行いポンプ能力にもアプローチします。
気になるポイントにはサーモシェイプの高周波で脂肪を狙い撃ち。通常では不可能とされている部分やせも夢ではありません。

脚の太さの原因は様々。イスタナロゼではあなたのお悩みの原因を経験豊富なスタッフがカウンセリングで分析し、もっとも効果的なアプローチを分析します。
一人でつらいダイエットになやまないで!効率的にモデルのような美脚を一緒に目指しましょう!

おすすめの施術:

  • インテグラル
  • エンダモロジー
  • キャビテーション
  • サーモシェイプ
  • Mキューブ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com