飛行機が乾燥する理由って・・・

こんばんは(^○^)イスタナロゼです!

『ボーイング787』という飛行機をご存知でしょうか😊
2011年ごろ登場し、今や世界中を飛び回ってる新型の航空機です♪

飛行機に搭乗したとき、いつも気にしてしまうのが【乾燥】ですよね😓

従来の飛行機は【砂漠並みの湿度】といわれてます。
海外など長距離になればなるほど乾燥の悩みは大きくなりますよね。

あの湿度の低さにはちゃんと理由があって、従来機は金属素材を使っているため錆びやすく、常に空気を入れかえてできるだけ機内を乾燥させておく必要があったのです。

しかーし!787は【カーボン素材】のため、その必要はなし😁

なんと【従来機の4倍】の湿度を保てるようになったんですよ〜!

お肌をはじめ、コンタクトレンズだって乾かないようになりました♪

常に空気を入れ替える必要もないので、機内のあの嫌な臭いも全くなし!

さらに、気圧の関係で耳がツンとする嫌な感じ、あれもカーボン素材のおかげで軽減されています♪
ありがたいですよね😇

機内も広くなって照明もカラフルなLEDでとても綺麗です😳

飛行機なんて、シートにモニターついててテトリスが出来ればいいくらいに思ってました(笑)
ご旅行の際はあえてボーイング787を選んでみてはいかがでしょうか😊