梅干しはクエン酸が豊富♪

最近、晩酌のお供に梅干しをよく食べてます♪
酸味がこれまたお酒と合うんですよ〜😇笑
梅干しが酸っぱいのは、有機酸と呼ばれるクエン酸が豊富に含まれている証拠♪
【レモン5〜6倍】のクエン酸が梅干し1個に詰まっていると言われています😳
クエン酸には疲労物質である【乳酸の分解を助ける】効果があります♪
乳酸が貯まらないということは、首や肩のコリの改善、疲労回復の効果が期待でき、老化防止や疲れにくい体作りにも役立ちます😊
{FA4E54AC-ACAA-42CF-B8FC-56E355FC2E08}
また、クエン酸は体から老廃物を排出し、内臓機能の向上につながります♪
内臓がきちんと機能することでエネルギーの消費率が良くなり代謝UP!
ターンオーバーが乱れ、老廃物が溜まって肌荒れしていた肌などは正常化され【美容にも良い】効果をもたらしてくれます😊
さらに、クエン酸には吸収率の悪いカルシウムや鉄の吸収を促しカルシウムが骨から持ち出されるのを防ぐなどの働きがあるといわれています!
しかも!梅そのものにカルシウムはリンゴの4倍、鉄はリンゴの6倍も含まれています😳
クエン酸が含まれる『梅干し』とカルシウム豊富な『ちりめんじゃこ』が一緒になった商品を見かけたことありますが、あれは理にかなった絶妙の組み合わせだったんですね😇
気になる塩分ですが、一日1~2個食べる程度ならば全く塩分の問題はなく、塩分よりクエン酸効果が勝るので安心して食べられますね♪