肩甲骨まわりをほぐしてスッキリ背中に♪

ブラからはみ出る鏡もちのような後ろ姿はまさにおばさんで幻滅😱
その原因は背筋の衰えと、肩甲骨が固まってしまったための可動域の低下によって背中に溜まりやすくなっているから。
パソコン作業、スマホ操作、運転、ハイヒールでの歩行、料理など女性の生活は猫背で前かがみになりがちな要素がいっぱいあります😓
そこで実践してほしいのが【肩甲骨タッチ】
自分の肩甲骨に触ろうとすると、自然と胸が開かれ肩甲骨が後ろにぐっと寄ります♪
固まってしまった肩甲骨周りの筋肉を優しくほぐすことができます!
肩甲骨タッチで肩甲骨の可動域を広くするトレーニング方法を習得しておきましょう♪
{08F40287-D0E2-4E2A-918E-B3118FD6F9AE}

・その1 基本のタッチ
まずは姿勢を正して座るか立つかして、両手を自然に下ろしておきます。
右腕を身体より後ろに引いてから、ひじを曲げ人差し指と中指で右の肩甲骨の溝をタッチしましょう!
届かない人は、肩甲骨周りが凝り固まっている証拠😭
まずは無理せず、できるところまで腕を上げてみましょう。
余裕がある方は、親指~中指で肩甲骨を掴むようにしてみてください。
このままゆっくり30秒キープします。
左も同じように行えば完了です。
・その2 交互にタッチ
次にその1と同じ要領で反対側の肩甲骨をタッチ。
それを10秒ずつキープします。
{2ACF7A89-F57A-4CF0-9C1E-7BCAFF31DE5C}
・その3 背中で合掌
仕上げに背中で手を合わせ合掌し、ほぐした肩甲骨をぐっと寄せていきます♪
首や肩が上がらないように注意して、目線は真っ直ぐ前を見るようにしましょう。
始めは、手の平全体がつかなくても大丈夫です♪
続けることで、だんだんとつくようになります😊
このポーズは10秒~1分程度、好きな長さで行いましょう♪
いかがでしたでしょうか♪
肩甲骨の可動域を広くすることで
【肩こり解消】
【二の腕の引き締め】
【スッキリ背中】
に効果がありますので是非試してみてください😇